アレンジメント
デッキ工房オオタの仕事 ニュータイプのガレージデッキ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュータイプのガレージデッキ 

115GD02.jpg
京都府八幡市で施工したIS邸のガレージデッキ。
今回のガレージデッキは通常木部で使用するウェスタンレッドシダー材を全て人工木材で施工。
東洋エクステリアの「樹の木Ⅲ」という商品で、カラーは新色のダークグレー。
天然木材と違って、塗装メンテナンスは不要。
メーカーのパンフレットによると、「腐食・シロアリに強い」「ひび割れ・ささくれがない」「卓越した耐候性を実現」・・・とある。
人工木材なんて・・・と思っていたが、施主様のお宅がシンプルモダンな外観だったので、この選択は正解かも。

115GD12.jpg
手摺はボードラインフェンスという商品で、通常は1200mmの高さの場合6枚並びが基本。
ところが写真では7枚施工。そうなんです、改造したんです。
6枚だと隙間が広く、お子ちゃまが登ってしまうかもしれないので7枚にならないかとのご要望。
早速東洋エクステリアのショールームに直行し、事情を説明したが、大手メーカーっちゅうのはアカンね~。マニュアル以外は不可との返答。
そこでオオタさんはとんでもない行動に・・・。
何と、ショールームの展示品を分解(勿論、許可をもらってから)して納まるかどうかをその場で考えた。
結果はパッパカパーン。パチパチパチ。
ついでに床の納まりも知りたかったので、展示品のデッキを分解しちゃいました。
ショールームのスタッフさん、無茶してごめんなさい。

115GD08.jpg
掃き出しサッシの高さでガレージデッキを施工すると施主様のワゴン車が駐車できないので、2段デッキに・・・(以前にも宝塚市の現場で施工経験有り)
高低差や材料の割付など、結構ち密な計算が必要なんですよ。
ISさん、分かってくれます?


デッキ工房オオタ
http://www.ota21.com

ブログランキングに参加しています。


ニュータイプのガレージデッキ 続き | HOME | 三田市KN邸のウッドデッキ最終回

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |


 calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

 プロフィール

yo4ota21

Author:yo4ota21
車庫の空中デッキ 「ガレージデッキ」を得意とする会社です。

西宮市山口町下山口5-3-4
お問合せはメールで
↓↓↓↓
info@ota21.com

 カテゴリー

 最近の記事

 月別アーカイブ

 最近のコメント

 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード

 フリーエリア

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。