アレンジメント
デッキ工房オオタの仕事 古民家改造計画

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家改造計画No.3 

DSC_1201.jpg
西宮市の古民家改造計画、久々の登場。
蔵と母屋をつなぐ屋根と壁。
階段は母屋で使っていたものを移設。
奥のサッシは、知人のモデルハウス解体により、戴いてきた物。
合間作業の割にはよくここまで来たもんだ。

DSC_1154.jpg
蔵の1Fに貼った厚み30mmの兵庫県産の杉板。
木裏に炭塗料を塗ったところ。
この炭塗料が非常に優れもので、水を付けてガリガリこすっても剥がれ落ちない。
床下のシロアリ対策・調湿・消臭・遠赤外線・化学物質吸着分解・マイナスイオン効果・電磁波吸収に威力を発揮する。
よくある袋入りの敷炭や固形の炭は飽和状態になると床下から取り出して天日に干す、といった作業が必要だが、この炭塗料は飽和状態にはならず、効果は半永久的。
化学物質化敏症やシックハウス症候群の人にはお勧め。
アーテック工房のヘルスコート。
壁仕上げは勿論、「無添加住宅のオリジナルしっくい」の予定。

まだまだ続く・・・


デッキ工房オオタ
http://www.ota21.com

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はこれ押して下さい


スポンサーサイト

古民家改造計画No.2 

DSC_0376.jpg
蔵の壁をぶち抜いているところ。
60mmの板に土壁の厚さは何と200mm。
掻き落とした土壁は壁の補修や土間で再利用する。
この面の土壁だけで、土嚢袋100袋。
恐るべし・・・
改造後は蔵の1Fがリビングになる予定。

DSC_0832.jpg
コンクリートブロックを潰して、お風呂を設置予定。

DSC_0830.jpg
母屋の屋根裏の写真。
職人の右側の材木が長さ9Mの1本棟木。
末口の何と大きいこと。

仕事の合間作業のため、中々捗らない。
誰か助けてェ~。

デッキ工房オオタ
http://www.ota21.com

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はこれ押して下さい


古民家改造計画No.1 

ota20080722193514.jpg
西宮市山口町で大正7年築の古民家改造がスタート。
今年で90歳を迎えたこの家。
実は写真の真にこの部屋で41年前に私が誕生している。
改造の目的は古い建物の保存と一般公開。
コンサート・個展・そば打ち道場・他、人が集まれる場を提供し、わいがやして遊ぼうという企画。
完成予定は出来た時。といった調子で、いろんなアイデアや作業参加希望者も募集中。
問合せはデッキ工房オオタまで。

otaDSC_0373.jpg
写真は2F部分の壁を取り壊したところ。
90年前の職人は超人か?
9Mもあるこの丸太棟木をどうやって設置したのか?

otaDSC_0374.jpg
昔の職人は天才?
天秤で加重を分散している柱

デッキ工房オオタ
http://www.ota21.com
デッキ工房オオタ モバイルHP
http://www.just.st/773713

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はこれ押して下さい



| HOME |


 calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

 プロフィール

yo4ota21

Author:yo4ota21
車庫の空中デッキ 「ガレージデッキ」を得意とする会社です。

西宮市山口町下山口5-3-4
お問合せはメールで
↓↓↓↓
info@ota21.com

 カテゴリー

 最近の記事

 月別アーカイブ

 最近のコメント

 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード

QRコード

 フリーエリア

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。